天彦産業トップページ > 取扱い材料 > 材料名から探す > ステンレス鋼 > 高強度系・複相系ステンレス鋼
よくあるご質問
特殊鋼とは
てんひこの適材提案
お問合せ・見積依頼|地方発送承ります|株式会社天彦産業

TEL:06-6613-2361
〒559-0032
大阪市住之江区南港南5-5-26
FAX:06-6613-2367
web@tenhiko.co.jp

お問合せ・見積依頼はこちら
社長ブログ
天晴れ e-Cafe
野水

高強度系・複相系ステンレス鋼

 

特性・用途

※NSSとは日新製鋼(株)の規格です。


鋼 種 特 性 用 途
SUS
(JIS相当)
NSS



  HT980
750℃以上からの焼入れによって高い強度が得られる。
スチールベルト、
溶接用高力材料
(632J1) HT1770
優れたばね特性を示すステンレス鋼(析出硬化鋼)。時効処理による硬化が大きく、低い硬度で打抜き加工が可能。成形性、金属寿命に優れる。
シートセンサー部品、
打抜き加工ばね
  HT1770M
Mo添加により高靭性、高強度および高疲労を兼備する。
スチールベルト、
ゴルフクラブヘッド
  HT2000
[加工・時効硬化鋼]ステンレスの中で最も高強度でかつ靭性、疲労特性に優れる。
IDソーブレード、
フラッパーバルブ


  431DP2
強度・延性のバランスに優れた[複相組織鋼]。SUS 301、SUS 304のばね材からの代替可能な高強度を有する。
自動車部品、
ラッピングキャリア
プレスプレート

使用例

ピンセット 材質:NSSHT1770

ピンセット 材質:NSSHT1770

ゴルフクラブヘッド 材質:NSSHT1770M

ゴルフクラブヘッド 材質:NSSHT1770M

成分表

※NSSとは日新製鋼(株)の規格です。

区分 鋼 種 主要化学成分(%)
SUS
(JIS相当)
NSS C Ni Cr Mo その他
高強度系 HT980 0.03〜0.06 3.00〜5.00 12.00〜14.00  Ti:0.15〜0.50
(632J1) HT1770 ≦0.09 6.50〜7.75 13.50〜15.50  Si:1.00〜2.00
Cu:0.40〜1.00
Ti:0.20〜0.65
HT1770M ≦0.09 6.50〜7.75 13.00〜14.50 0.70〜1.20  Si:1.00〜2.00
Cu:0.40〜1.00
Ti:0.20〜0.65
HT2000 0.050〜0.100 7.80〜8.80 13.00〜14.00 1.80〜2.70  Si:2.20〜3.20
複相系 431DP-2 ≦0.08 1.00〜3.00 16.00〜18.00

物理的・機械的性質

※NSSとは日新製鋼(株)の規格です。


鋼 種 物理的性質 機械的性質
SUS
(JIS相当)
NSS 弾性係数X103N/mm2 質量g/cm3 平均熱膨張係数X10-6 cm/cm/℃ 熱伝導度W/m・℃ 硬さ試験 引張試験
HRB HV 耐力
N/mm2
引張強さ
N/mm2
伸び
20〜100℃ 100℃




+
HT980 203 7.75 10.8 20.5 _ 300〜400 800〜1050 950〜1200 4〜8
(632J1) HT1770 207 7.75 10.9 24.9 _ 300〜400
(450〜550)
900〜1300
*(1300〜1800)
1000〜1400
(1500〜1900)
1〜7
(1〜7)
HT1770M 207 7.75 10.9 24.9 _ 300〜400
(450〜550)
900〜1300
*(1300〜1800)
1000〜1400
(1500〜1900)
1〜7
(1〜7)
HT2000 200 7.80 14.0 20.8 _ 500〜650 1600〜2200 1700〜2400 1〜7



+
431DP-2 201 7.73 10.5 19.9 _ 340〜420 700〜1200 1000〜1300 5〜13

NSSとSUSが重複している場合には、NSS規格(成分、特性等)を優先して表示しています。

+高強度系を複相系の素材の機械的性質は、試験値範囲の一例です。
  個々の強度水準についてご要望のある場合には事前にご相談ください。

*HT1770とHT1770Mの( )は、時効後試験値範囲の一例です。


表面仕上げ

※NSSとは日新製鋼(株)の規格です。


JIS NSS 仕上げの内容





N0.1  
熱延後、熱処理・酸洗して仕上げたもの
  CG
N0.1仕上後、JISR6001に定める適当な番手のエンドレスベルトで表面研磨をして仕上げたもので脱脂は行わない。





N0.2D  
冷間圧延後、熱処理・酸洗して仕上げたもの。
  NO.2DR
冷間圧延後、熱処理・酸洗後ダルロールにて軽く冷間圧延をしたもの。
NO.2B  
冷間圧延後、熱処理・酸洗後適当な光沢を得る程度に軽く冷間圧延したもの
N0.3  
JISR6001によるF100〜F120のエンドレスベルトで表面研磨をして仕上げたもの。
N0.4  
JISR6001によるF150〜F180のエンドレスベルトで表面研磨をして仕上げたもの。
#240  
JISR6001による240番まで研磨して仕上げたもの
#320  
JISR6001による320番のエンドレスベルトで表面研磨をして仕上げたもの
#400  
JISR6001による400番のエンドレスベルトで表面研磨をして仕上げたもの
  N0.9
320番より更に細かいエンドレスベルトで表面研磨をして仕上げたもの
BA  
冷間圧延後、光輝・熱処理を施して仕上げたもの
HL  
適当な粒度の研磨剤で連続した磨き目が付くように研磨して仕上げたもの
  N0.7
#400仕上げより反射率が良いようにバフ仕上げしたもの
  N0.8
BA仕上げのものを綿バフで高度の反射率を得るように仕上げたもの。
  エンボス
冷間圧延により片面のみ適度な凹凸模様をつけたもの。 (両面エンボスも可能)

日新製鋼(株)規格に関する詳しい情報が知りたい方は、下記リンクより
日新製鋼(株)のWEBSITEカタログをご覧下さい。
ステンレスのカタログリンクはこちら

ご注意ならびにお願い

本ページの材料に関する情報は、日新製鋼(株)の製品カタログを基に作成しています。

製造に関して、規格によりロット等の事由により、メーカーでの製造ができない場合もありますので、予めご了承下さい。                                        

鋼種によっては弊社で対応できない場合もございますが、まずは弊社までお問い合わせ下さい。

本ウェブサイトに記載された技術情報は、更新時における製品の一般的な特性や性能を説明するためのものであり、それによって何らかの保証をするものではありません。
また、本ウェブサイトに記載された技術情報は、個別の使用目的・環境・条件によってあてはまらないことがありますので、ご注意下さい。本ウェブサイトは予告なしに変更されることがあります。最新の情報については、弊社までお問い合わせ下さい。

材料名で選ぶへ戻る  使用目的で選ぶへ戻る

特殊鋼販売のことならお気軽にお問合せください。

〒559-0032
大阪市住之江区南港南5-5-26

web@tenhiko.co.jp

お問合せフォーム

このページの先頭に戻る
| 採用情報 | プライバシーポリシー | リンク集 | サイトマップ | お問合せ・見積依頼 |